リーバイス・ビンテージ

リーバイス・ビンテージについて


ビンテージデニムパンツ
 ├ LEVI'S XX
 ├ LEVI'S BigE
 ├ Levi's 66前期モデル
 ├ Levi's 66後期モデル
 ├ Levi's 赤耳
 └ リーバイスカラー


■501(1966年モデル)


1966年から69年までの間に生産された”最後のBigE”を再現したモデル。


もともとXXとは強くて丈夫なデニム地を意味する表示だが、当時は501の品質の高さがすでに広く認知されたとしてリーバイスは、XX表記の省略を決定した。


ただし、初期は混乱を避ける為に、新しい501が従来の製品と同じことを示す旧製品の501XXを小さく併記。


また、シルエットがややテーパーのかかった細身となり、バックポケットの隠しリベットが糸で補強するバータック仕様に変更されたのもこのモデルの大きな特徴。


■501 1966年モデル (66501)


シルエット : テーパードストレート(腿幅普通/裾幅やや細め)

基本仕様 : ボタンフライ

501・501XX併記ペーパーパッチ 両面Big”E”レッドタブ

バックポケット バータック処理


【501 1966年モデル ストーリー】

1967年に全品番を変更したリーバイスは、1966年だけ501と501XXという2つの品番をペーパーパッチに併記しています。


当時の501は品質の高さが広く認知されたとして、丈夫なデニムを意味する『XX』の省略を決定。


ただし、始めは新しい501が従来の製品と同じことを示す為、旧品番の501XXが小さく併記されていました。

その”66モデル”の復刻版がこの『501 1966年モデル』です。


バックポケットの隠しリベットは廃止され、糸によるバータック(カンヌキ止め)で補強する新仕様となり、リーバイスはそれを記載した新しいフラッシャーを採用。


その下部に入る1966の年号も”66モデル”の特徴です。


また、この時期の501は新旧の使用が混在する変換期にあたり、コインポケットは三つ巻きチェーンステッチに変りましたが、ベルト上部のシングルステッチがパッチとループの上に乗って、縫い終わりが三角止め、脇合わせはシングルステッチといった現行の501には無い旧仕様もまだ残されています。




Copyright (c) リーバイス全集|リーバイスジーンズ. All rights reserved.


リーバイス全集|リーバイスジーンズサイトTOPへ

トップ > リーバイス・ビンテージ > リーバイス・ビンテージ

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。