リーバイス 501XX について

リーバイス 501XX について


リーバイス 501XX FLASHERS


リーバイス未使用品に必ず付けられているフラッシャー、そのスタートは1937年からである。


まずは戦前のタイプだが、下部が水平な形となっている。


これがステッチになぞるようにして、アーキュエイト型に変わるのは、恐らく1942年〜1943年頃。


大戦中は、中央にFOR THE DURATION(戦争終結まで)の表記がなされていた。


戦後すぐのフラッシャーはThis Red White〜の文字で始まり、上のLEVI'Sのロゴが商標登録申請中を示す。


★印付き。後にRが入り、さらには下部のLS&CoがALL COTTONは変する。


'60年代初めに入ると文字はA Color〜で始まるタイプへ、隠しリベットが消えた'66年にBAR TACK表記が開始される。


この頃、下部はC1966の表示が、SHRINK〜の文字が入る'70年以降もこれはしばらく続く


リーバイス 501XX PATCHES


ツーホースマークがパッチ(=レーベル)に登場する以前は文面が型押しされた。やや幅の狭い革パッチだった。


それが1866年に入ると、大きさが増し、前述したツーホースマーク付きのタイプに様変わりする。


さらに第二次世界大戦真っ只中の'42年秋から物資統制を受けて、ロットの頭には簡素化を表するSが付記。


'47年からは通常のロッドに戻る。'50年代中盤以降、従来の革パッチはより耐水性があり、縮みを起こさぬ紙パッチへ変更。


'62〜'63年頃で、長年続けたEVERY〜(品質保証)の文字は消滅。'67年、遂にXX表記は無くなり、501のみに。


但しその期には混乱を招かぬよう、501のロッドの上に501XXを小さく記入。やがてコンピューターによる商品管理を行うため、


末尾にXXデニムを表す01、色を示す17を付けた。'70年代以降はCARE〜表記を入れ、内側の注意事項を読ませるようにした。




Copyright (c) リーバイス全集|リーバイスジーンズ. All rights reserved.


リーバイス全集|リーバイスジーンズサイトTOPへ

トップ > リーバイス 501XX について > リーバイス 501XX について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。